教育プログラム

Education Program

ホーム > 教育プログラム

カリキュラム・ポリシー

社会文化創造研究科では、山形大学大学院の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)に沿って、学生が体系的かつ主体的に学修できるように教育課程を編成し、これに従って教育を行います。

教育課程の編成・実施等

  • 現代社会で求められる高度専門的職業人を育成するため、基盤教育科目、基礎専門科目及び高度専門科目から構成される、体系的なカリキュラムを編成します。
  • 高度な専門的知識や技能を涵養するため、各分野の高度専門科目に分野共通科目、コース別専門科目及び特別研究を配置します。

教育方法

  • 講義、演習及び実習科目を適切に配置し、授業においては学生が主体的かつ対話的な学びを実現できるよう工夫します。
  • 学位論文あるいは修了課題研究等の指導については、指導体制を整備し、複数の指導教員により、研究計画を策定した上で指導します。

教育評価

  • 講義科目では、到達度を確認できる明確な成績評価基準に基づく評価を行います。
  • 修士課程の学位基準に基づき、学位論文あるいは修了課題研究を評価します。

 

教育課程・
教育方法等の特色

基盤教育科目の内容とその特色・基盤教育科目と基礎専門科目

本研究科の基礎教育においては、山形大学の全ての研究科・大学院において必修の共通科目、すなわち基盤教育科目と基礎専門科目を履修します。基盤教育科目は、山形大学の社会的使命に相当するテーマを学ぶ授業科目です。この科目では「地域における変化やグローバル化の進行に対応すべく、不断に生じる課題を正確に把握し、将来に向けて解決するために必要な豊かな人間力」を涵養します。また、俯瞰的視野の素養を身に付けさせる学生主体型授業を通じて地域社会の問題解決力、新たな価値創造力、柔軟な異文化理解力を養成します。これらの過程を通じ、学生が身に付けた専門知識を社会に還元する際に求められる高度な汎用的能力を高めることを目的としています。

基礎専門科目では、基盤教育科目と共に専門分野の範囲を超えた学際的な領域の知識もしくは、専門分野以外の専門知識を学修させることで「知の総合的な推進力」を育成します。そして、各研究科が提供する科目群の中から履修する文理横断型の教育により、知の基盤となる基礎的専門性や異分野の専門性を修得させるという文理融合を生かした特色があります。これらの過程を通じ、複眼的視野をもち多面的な知識を融合して活用できる知識運用力を高めることを目的としています。

高度専門科目(研究科共通科目)の内容とその特色

本研究科の高度専門科目のうち、研究科共通科目として「社会文化創造論Ⅰ」と「社会文化創造論Ⅱ」の履修を義務付けます。これらの科目は、関係する専門分野だけではなく、広く多元的な視野と社会における様々な問題や課題に前向きに取り組み解決する能力を育成するために、各分野を連携し、異分野の複数教員が担当して実施します。

「社会文化創造論Ⅰ」では、「文化」を「社会」との関連の中で俯瞰的に捉える観点を学び、現代社会が直面する課題についての分析スキルを身に付け、課題が生じる原因を的確に理解し社会の変革に対応する力を修得します。

「社会文化創造論Ⅱ」では、既存の学問領域の垣根を低くし、人間社会を「社会」と「文化」の関係から捉え直し、地域社会が抱える課題の多様性を理解したうえで、課題解決に向けて行動することができる実践力を身に付けます。コース横断型の班を構成することによって、学生は異なる分野の視点や考え方を知ることができ、学際性が強化されます。テーマに沿った授業ののち、最終回では、地域の新たな価値や可能性を見出せたかについて全体討議を行います。

高度専門科目(専門科目)の内容とその特色

本研究科の高度専門科目のうち、専門科目においては、学士課程の教育を受けて体系的に履修し、「知の深化と総合化」を重視します。ここでは、専門知識や技術をさらに深めるとともに、他分野の専門科目をも履修可能とし、細分化された知を総合的な観点から俯瞰させる教育を実施できる特色があります。分野連携の複数の指導教員による特別研究、学生が所属するコースや教育プログラム、及び研究科から一定の単位を修得することにより、専門の軸足性と学際性のバランスがとれた履修が可能になります。具体的な履修科目は、学生の研究テーマに合わせて指導教員と協議しながら決定します。

なお、社会文化システムコースと芸術・スポーツ科学コースには、これまで培ってきた教育研究の強みに基づいた体系的教育をさらに充実させ、それぞれ3つの教育プログラムを設けています。教育プログラムに属する分野の科目を体系的に履修することにより、研究の専門性が深化され、研究の軸足性が築かれます。

軸足性を強固な礎とし、高度な実践力を身につけるため、2年次に、「臨床心理実習A、B」を臨床心理学コースの必修科目、「文化コーディネート実習」を芸術・スポーツ科学コースの必修科目及び社会文化システムコースの選択推奨科目とします。

社会文化創造研究科

ディプロマポリシー

豊かな人間力

  • これからの社会と文化の創造を担うために必要な多様な人々との関わりを通じて豊かなコミュニケーション能力を身に付けている。
  • 多様性を尊重する態度と互いのよさを生かして協働する力、持続可能な社会づくりに向けた態度など、これからの社会を支え、文化を継承・発展させる高度専門職業人として、学びに向かう力を有している。

深化した専門的知識・技能と文理兼修による幅広い視野

  • 人文社会科学と芸術・スポーツ科学に関する高度で専門的な研究を遂行することができる深い知識と高度な技能を習得し、現代社会における多様な諸課題の解決のために活用していく能力を有している。
  • 個々の専門的知識と技能の深化に加え、他の分野との連携の重要性を理解し、細分化された知を総合的な観点から俯瞰する視野を有している。

多様な文化の理解とその共生に向けて行動できる能力

  • 人文社会科学と芸術・スポーツ科学の専門的視野から、社会の急速な変化を理解し、現代社会が抱える課題の多様性を把握した上で、課題解決に向けて行動することができる。
  • 文化の多様性を深く理解し、世界的な視野からの多文化理解を基盤に文化の維持・発展に貢献する強い意志を有している。

 

履修について

履修指導

3名の教員(主指導教員1 名、副指導教員2名)による指導体制をとります。副指導教員のうち少なくとも1 名は他コースの研究分野の教員とし、分野連携によって複数の指導教員で指導にあたる制度を取り入れています。指導教員は、履修指導・研究指導面だけでなく生活・精神面などの相談など、多岐にわたる修学支援を行い、学生が効果的に研究を進められる環境を整えます。

研究指導

主指導教員が学生の研究計画の進捗状況を把握し、指導する学生の事情に応じた研究指導を行います。指導にあたっては、主指導教員は副指導教員と連携して当該学生の研究計画の進捗状況を共有することにつとめ、学際的な教育が効果的にできるようにします。また、定期的に合同研究成果発表会を開催し、複数の教員で担当し共有することで、研究指導の効果を高めより高度で多角的な研究指導を行います。

修了要件

修士課程に2 年以上在学し、30単位以上(臨床心理学コースに関しては39 単位以上)を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文又は特定の課題についての研究成果の審査及び最終試験に合格することとします。

履修の手引き

学生便覧 -履修と学生生活のてびき-(PDF)

シラバス

シラバス:社会文化創造研究科